大船駅前でカレーグランプリ金賞の揚げたてカレーパンが食べられる!どこで?

大船駅前のルミネでリニュアル休業中の高久ぱんが、リニューアルすることを前の記事で書きました。

リニューアルしたら、なんと2018年カレーグランプリ金賞の弦斎カレーパンが、アツアツで食べられるそうなのです。

リニューアルオープン後は揚げたてを提供してくれると書いてあるので、今から会社帰りに買って途中で食べてそうな気がしています。アツアツのカレーパン、美味しいですからね。

弦斎カレーパン

今年のカレーグランプリで金賞の弦斎カレーパンを調べてみました。

高久製ぱんの公式ホームページをみますと、下記のようにして開発したそうです。

明治から昭和にかけて、小説家・ジャーナリストとして活躍した村井弦斎(1863年~1927年)。明治36年発刊の「食道楽」は当時10万部を超えるベストセラーとなりました。
この食道楽に出てくるレシピから、弦斎カレーとパンを融合させて開発しました。パン生地の中にお米を混ぜることで、カレーライスのようなカレーパンになっています。また具の中にはカレーに欠かせない福神漬けを入れ、歯ごたえを良くしました。歴史を背景に湘南平塚から発祥したカレーパンです。

公式ホームページの「絶対ハマる。この味。」にカレーパンを半分に割ったものがありました。カレーの具材の中に福神漬が入っていて美味しそうです。

リニュアルオープン日が楽しみです。

店名:高久ぱん 大船ルミネウイング店

リニュアルオープン日:2018年9月12日

facebook:公式フェイスブック

場所:ルミネウイング大船 3階

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする