ライフグランシップ大船駅前店が2月27日オープン!どんな特徴のお店、店内レイアウト、オープンチラシ

ライフグランシップ大船駅前店が、2月27日(土)オープンです。

店内のレイアウト、どんなお店なのか、オープンチラシを含めてご紹介します。

【ライフ大船グランシップ駅前店】買い物に行ってどうだった?ポイントカード使える?営業時間

ライフグランシップ大船駅前店の特徴


以前に比較すると、売場が広く買い物がしやすそうですねぇ。

ベビー用品、鮮魚、青果、精肉も充実した感じがありますねぇ。オープンが楽しみです。

オープンにあたり、どんな特徴のお店か調べてみました。

あぁ、精肉コーナーが広々していていいですねぇ。以前は、精肉のコーナーがせまかったので・・・

ニューファミリー層向けに簡便商品を強化

ミールキット、トレーごと電子レンジ調理できるレンジ漬魚、冷凍肉、冷凍食品、レトルトカレーなど種類豊富にそろえるようです。

ひだまりの郷コーナー

農産は、神奈川県産の野菜を中心とした、色鮮やかな野菜や果物を展開。

新鮮な野菜を店内でカットしたフレッシュなカットサラダ、店内で加工したみずみずしい果物を使ったフルーツタルトも楽しめるようです。

対面調理コーナー

水産は、対面調理コーナーを導入して、こだわりの生ネタで作るにぎり寿司や巻き寿司も販売するようです。

串カツ、メンチカツなどの揚げ物、ハンバーグ・肉団子などお肉屋さんの手づくりおかずを充実させるようですね。

お惣菜は、店内炊飯で作る弁当、鉄板を使用して作る玉子焼き・お好み焼き・チャーハンを取り扱うようです。

ベーカリーコーナー「小麦の郷」

フレッシュなフルーツを使用したフルーツサンド、ボリューム満点のかつサンド、ホテルブレッド・やさしい甘さが特長の「煌(きらめき)」などの食パン、フランスパンを取りそろえるようです。

また、健康志向に対応し、ドライフルーツ&ナッツバイキング、発芽させることで栄養をより引き出した大豆を原料とした植物肉「ミライのおにく」、ナチュラルチーズ、その場で作るピーナッツバター、野菜のデリ、健康系弁当を販売するようです。

プライベートブランド「BIO-RAL(ビオラル)」の商品

「オーガニック」・「ローカル」・「ヘルシー」がコンセプトのプライベートブランド「BIO-RAL(ビオラル)」の商品も購入できるようです。

生活関連では、小さな子どもでも安心して使用できるオーガニック商品も豊富にそろえるようです。

鎌倉ハム

「鎌倉ハム」コーナーを設置するほか、湘南ちがさき屋「タコせんべい」・ありあけ「横濱ハーバー」などのお土産にも最適な菓子、横浜珈琲物語、ハマヤの珈琲、川崎飲料「横浜サイダー」・「湘南サイダー」などが楽しめるようです。

店舗情報

店名:ライフ大船グランシップ駅前店

オープン日:2021年2月27日(土)

場所:神奈川県横浜市栄区笠間2-2-1 地下1階

営業時間:9:30~23:00