JR東日本が鶴見線でビール列車を運行?「Beer Festival at 鶴見線」ってどんなイベントか

JR東日本は、今年1月に好評だったイベント「Beer Festival at 鶴見線~海とビールと電車の物語~」の第二弾として、2018年10月20日(土)にイベントを開催します。

9月12日(火)14時から、大船駅のびゅうプラザでも、チケット販売されますのでご紹介します。

そもそも、第二弾の「Beer Festival at 鶴見線」はどんなイベントか

今回の第二弾は、キリンビールの秋限定販売ビール「キリン秋味」と中華街「招福門」の特製おつまみセットを味わうというイベントです。

また今回も、キリン一番搾りはサーバーから注がれるビールが飲み放題となっています。

鶴見駅を出発した後で大川駅で折り返し、鶴見駅に戻って再び折り返した後、海芝浦駅へ行きます。海芝浦駅から鶴見駅へ戻る行程となっています。

イベントの参加料金や募集人数について

1.コースについて

コースは、3コースです。申込は、20歳以上の大人です。

・Lunch Beer コース(大人5,300円)鶴見駅11:50頃出発

・Afternoon Beer コース(大人5,300円)鶴見駅14:50頃出発

・Night Beerコース(大人5,800円)鶴見駅17:27頃出発

2.募集人数

募集人員は、各コース60名です。

合計180名

3.発売開始日時

2018(平成30)年9月12日(水)14時より販売開始

4.販売場所

商品の発売は、川崎駅、横浜駅、大船駅、平塚駅、武蔵溝ノ口駅、町田駅、品川駅、目黒駅、蒲田駅、東京駅八重洲中央口、有楽町駅、東京訪日旅行センターの12店舗のびゅうプラザ、びゅう予約センターの電話窓口でも受付可。

鶴見線でビール列車を運行します!(JR東日本プレリリースpdf