YOKOHAMAトレインフェスティバル2019に湘南モノレールがグッズを出店

YOKOHAMAトレインフェスティバル2019に湘南モノレールが、グッズを出店します。

明治5年(1872年)10月14日、日本で初めて新橋~横浜(現在の桜木町駅)間に鉄道が開通したことを記念し、平成6年に10月14日が「鉄道の日」と制定されました。

関東実行委員会では、第26回「鉄道の日」「YOKOHAMAトレインフェスティバル2019 エコレールテッピーステーション〜地球にやさしい鉄道を考える〜」を開催します。

このイベントで、「鉄道の日」記念物品販売会というイベントがあり、湘南モノレールが、新商品の「湘南モノレールカレンダー2020」や「湘南モノレール駅名標キーホルダー」をはじめ、プラレールや各種グッズはもちろん、鉄道部品では、富士見町駅の旧駅名看板などの各種部品を販売します。

YOKOHAMAトレインフェスティバル2019はどんなイベントなのかも調べてみました。

YOKOHAMAトレインフェスティバル2019

【開催概要】

1.第1会場:横浜新都市プラザ(横浜駅東口そごう地下2階正面入口前)

●2019年10月5日(土) 9:45~17:00

・オープニングセレモニー

9:45~

・第6回「鉄道の日」記念フォトコンテスト表彰式

10:15~

・テッピーミニシアター

11:00~、16:00~

・鉄道PRステージ

12:00~、13:30~、15:00~

・駅員さんとの写真撮影会

13:00~

・ビンゴ大会

14:20~

●2019年10月6日(日) 10:00~17:00

・ビンゴ大会

10:10~、15:20~

・テッピーミニシアター

11:00~、14:20~ 16:00~

・鉄道PRステージ

12:00~、13:30~

・駅員さんとの写真撮影会

13:00~

2.第2会場:横浜ポルタ特設会場(横浜駅東口地下街ポルタ中央広場周辺)

●2019年10月5日(土) 9:30~16:00

・物品販売会(出展予定企業)

伊豆箱根鉄道、江ノ島電鉄、小田急電鉄、鹿島臨海鉄道、関東鉄道、京王電鉄、京浜急行電鉄、小湊鐵道、埼玉高速鉄道、相模鉄道、芝山鉄道、湘南モノレール、千葉都市モノレール、銚子電気鉄道、東葉臨海高速鉄道、東武鉄道、箱根登山鉄道、箱根ロープウェイ、ひたちなか海浜鉄道、富士急行、山万

●2019年10月6日(日) 9:30~16:00

・物品販売会(出展予定企業)

伊豆箱根鉄道、いすみ鉄道、京成電鉄、首都圏新都市鉄道、新京成電鉄、西武鉄道、高尾登山電鉄、多摩都市モノレール、銚子電気鉄道、東急電鉄、東京地下鉄、東京モノレール、東日本旅客鉄道、ひたちなか海浜鉄道、北総鉄道、真岡鐵道、山万、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、横浜市交通局、わたらせ渓谷鐵道

湘南モノレールの鉄道部品販売リスト

10月5日(土)9:30~16:00に販売予定です。

鉄道部品の販売リストは、湘南モノレールの公式サイトに詳しく掲載されています。

神奈川県鎌倉市のサフェージュ式モノレール鉄道の運営(大船~湘南江の島間)、不動産の賃貸、駐車場、広告は湘南モノレール株式会社へ!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする