【鎌倉市】昨年に引き続き海水浴場の開設断念へ

鎌倉は、昨年に引き続き、海水浴場の開設を断念しました。

新型コロナウイルス感染症のまん延が収まらない中、海水浴場の開設による感染拡大のリスクが懸念される情勢となっていますので、やむを得ない判断です。

鎌倉市のプレリリースには、下記のように記載がありました。

多くの海水浴客が訪れることになれば、感染拡大のリスクは、単に海水浴場だけにとどまらず、海水浴場周辺やその往来にあたる地域の生活環境にも及ぶことになります。

これまで、地域住民や市民からご意見を伺ってきましたが、今夏の海水浴場開設について、感染拡大に対する市民の不安を払拭し、理解を得ることは難しいとの判断に至りました。

海水浴場の開設を待ち望んでいる方々には大変心苦しく、断腸の思いではあります。

詳しくは、こちらの公式サイトをご覧ください。

海水浴場の開設断念に至る経緯やアンケートの結果も記載されています。