西友の「世界一嫌われるレストラン」が話題!公開からわずか7日で450万回再生を突破

大船で一番利用してるスーパーは西友なんですが、「世界一嫌われるレストラン」が話題です。

7月1日にユーチューブに公開されてから、わずか7日で450万回再生を突破です。

「トマトは天敵」「ナス嫌い歴50年」など筋金入りの野菜嫌いの大人たちが登場します。野菜嫌い克服研究家ジョーさんによる、野菜嫌い克服メニューに挑戦という内容です。

WE LOVE VEGETABLESプロジェクト コンセプトムービー

【ストーリー】
「世界一嫌われるレストラン」は、トマト、ナス、ピーマンが苦手な野菜嫌いの大人たちだけが招待される1日限りのレストラン。西友と野菜嫌い克服研究家のジョーさん。による苦手野菜克服メニューを食べて、「あり(食べられる)」か「なし(食べられない)」かを忖度なしで判定してもらい、支持率50%以上を目指します。

「ピーマンは緑でツヤツヤしている時点で食欲が失せる」と嘆く女性や「ナスを嫌いになったのは50年前」という筋金入りの野菜嫌いの男性も。

幼い息子を前にして「父の威厳もないので・・・」と、ニガテ野菜の克服への意気込みを語る父親など様々な野菜嫌いの大人が登場します。

次々と運ばれてくるトマト、ナス、ピーマンを使った野菜嫌い克服料理を目の前にして、戦々恐々。その様子を緊張の面持ちで見つめる西友の社員と料理研究家のジョーさん。意外な結末が楽しめます。

■『WE LOVE VEGETABLES』の概要
大人の野菜嫌い克服を目指す『WE LOVE VEGETABLES』では、プロジェクトを始めるにあたり、野菜嫌いについて調査しています。大人の苦手な野菜として挙がることが多い一方、様々な料理に使われるトマト、ナス、ピーマンに関して、トマトは「食べたときの青臭さ」「ジュクジュクした食感」、ナスは「ドロドロした食感」、「スポンジみたいな食感」、ピーマンは「舌に残る苦味」、「特有の渋味」が苦手な人が多いことが判明したため、美味しく食べられる独自の克服メニューをTwitterフォロワー24万人越えの野菜嫌い克服研究家ジョー。さんとともに6品開発しました。それぞれの野菜を苦手とする大人に試食してもらい、50%以上の方に「あり(食べられる)」の判定を受ける野菜料理はどれかを検証しました。その結果、5品の野菜料理が50%以上の支持を受け、克服レシピとして認定されました。

プロジェクトで開発したレシピは、全国の西友の店舗でレシピカードとして配布されます。レシピ動画は特設サイトでも見ることができます。