2021年鎌倉花火大会中止へ

鎌倉花火大会ですが、昨年に引き続き中止となりました。

鎌倉花火大会は、鎌倉夏の風物詩として 1948(昭和 23)年より始まって、次の大会で 73 回目となります。

下記のプレスリリースが出ていました。

2021 年「鎌倉花火大会」の中止について

鎌倉花火大会実行委員会は、1月に書面決議を行い、2021 年の「鎌倉花火大会」の実施を見送ることと決定しました。

鎌倉花火大会は、鎌倉夏の風物詩として 1948(昭和 23)年より始まり、次大会で 73 回目を数えます。

長年、皆さまに愛され、継続してきた花火大会は、2020 年も東京オリンピックの開催予定に伴い、中止となりました。

2021 年こそは、例年同様に開催できるようにと検討を続けてきましたが、延期となった東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い、花火台船を停泊する湘南港(藤沢市江の島)がセーリング競技会場となるため、2021 年も通常通りの開催が困難な状況です。

併せて、新型コロナウイルス感染症の影響が未だ継続している中、大会関係者並びにボランティアの安全を確保しながら、観覧者の皆さまが安心して楽しむことができるイベントを開催することは非常に厳しい状況であると総合的に勘案し、中止の判断をいたしました。

毎年、鎌倉花火大会を楽しみにされている方が多数おられることは重々承知しております。

また、コロナ渦において少しでも明るい話題を提供したいと実行委員一同願っておりますが、中止の判断に至ったことについて、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

詳しくは、こちらの公式サイトをご覧ください。