【11/18限定】鎌倉ハム富岡商会の感謝祭!人気商品試食会あり。終日お得な価格買える

大船に本社がある鎌倉ハム富岡商会の感謝祭のお知らせです。

ご存知の方も多いと思いますが、鎌倉ハム富岡商会は、創業明治33年の老舗です。

大船のスーパーでも、あまり安売りしていないので残念なのですが、ハムはサンドイッチ、ウインナーは焼くか、チャーハンにして食べると美味しいですよ。

鎌倉ハム富岡商会がつくるうまさの秘密

鎌倉ハム富岡商会のハムの旨さは、下記のような理由からですね。

鎌倉ハム富岡商会のホームページから引用させて頂きます。ちなみに、富岡というのは、創業者の富岡周蔵さんの苗字から名付けられています。

ペリーの来航から10年後の文久3年(1863年)、開港間もない横浜に英国人ウイリアム・カーチスが上陸しました。横浜山手に大規模な農園をつくり、居留地に住む外国人向けに西洋野菜を販売し、成功しています。

さらに彼は、明治7年(1874年)、鎌倉郡下柏尾村に開いた観光ホテルの裏に牧場をつくり、家畜を育て、ハム、ベーコン、牛乳、バターの製造を始めました。

カーチスはハムの製法を秘密にし、日本人の工場への立ち入りを禁じていましたが、明治17年(1884年)、地震による工場の出火を村人が消火した恩に報いて、ついに秘伝の製法を村人に伝授。

後にカーチスは日本を去りましたが、鎌倉の地には、ハムの製造者、技術者が確実に育っていきました。製造されたハムは鎌倉、箱根、横浜の一流ホテルに卸され、宿泊客の評判となり、発祥の地名から『鎌倉ハム』として広まっています。

駅弁販売業の大船軒で、明治32年(1899年)に鎌倉ハムを使ったサンドウィッチを販売したところ、評判が良く食品卸業者からハムだけの注文がくるようになりました。

そこで、「鎌倉ハム富岡商会」として、ハム製造部門を独立させ製造を開始しました。「鎌倉ハム富岡商会」の百年を超えるハム作りの歴史は、まさにこの時にスタートしたのです。

老舗の味が、リーズナブルな価格、しかも試食もできる感謝祭は、18日だけですよ。

鎌倉ハム富岡商会の感謝祭

日時:2018年11月18日(日) 10時から17時まで

場所鎌倉市岩瀬961

(大船駅より鎌倉女子大学前から徒歩3分)

こちらのホームページに詳しく掲載されています。

TEL:0467-47-8647

会計1,500円ごとにスピードくじを引くことができます。

ちなみに、鎌倉ハム富岡工場の鎌倉工場では、工場見学、ソーセージ作りができるんですよ。

※2018年11月のツアー工場見学は既に予約が一杯とのこと。

ガイド付き工場見学ツアーは、こちらから申込できます

鎌倉ハム富岡工場見学ツアー内容

ガイド付きの工場見学は、1時間程度です。人気のツアーですので、事前に予約が必要となります。

・所要時間:1時間程

・定員:15名様程まで

・歴史資料館をガイドがご案内いたします。

・最後には、鎌倉ハム富岡商会のおすすめ商品をご試食いただきます。

※ソーセージ手作り体験教室は、11月1日より3月31日までの期間に実施なしです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする