日影茶屋が鎌倉八幡宮内に新規茶寮店舗を運営予定か

日影茶屋が、鎌倉八幡宮内に新規茶寮の運営予定です。

※今あるお店の店名は変更せず、運営を日影茶屋がするようです。

ですので、見出し等を出店から運営に変更しました。

鎌倉八幡宮で日影茶屋がお店を運営するとは驚きですね。我が家では、毎年お正月に鶴岡八幡宮へお参りに行っていますで、来年には是非行ってみたいと考えています。

日影茶屋とはどんな企業なのか

ご存知の方も多いとは思いますが、大船ルミネウイングのスイート小町にも洋菓子パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤがあるので、ご存知の方も多いと思います。

日影茶屋というよりも、どちらかというと、「茶屋(チャヤ)」という名称で呼ぶ場合が多いですね。

日影茶屋の公式ホームページはこちら

そもそも、葉山町にある老舗の日影茶屋は、前身が江戸時代の料理茶屋として創業、昭和26年に日影茶屋として会社が設立されました。

平成10年洋菓子パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ大船ルミネ店、平成15年に鎌倉小町店(和・洋菓子)、平成29年3月にCIAL鎌倉店(和菓子)を開店しています。

こうしてみると、日影茶屋の関係のお店は、鎌倉市に3店舗もあるのですね。

鎌倉小町のお店と同じように、和、洋菓子のお店なのか、それともいわゆる婚礼の披露宴までできるお店として運営するのかは、詳細がわかり次第、記事を追加します。

店名:風の杜

運営予定日:2018年12月中

場所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴ヶ岡八幡宮内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする