【治一郎】×【MAISON CACAO】共同開発したケーキのようなチョコレートバウムクーヘン限定販売

大船ルミネにも店舗あるアロマ生チョコレート専門店「MAISON CACAO」を運営するメゾンカカオ株式会社は、9月18(金)より、バウムクーヘンが人気のブランド「治一郎」と共同開発した”MAISON BAUM ミルクチョコレートバウムクーヘン”を限定店舗で販売開始します。

オンラインストアは敬老の日に向けて、9/12(土)より先行して予約販売を開始します。

MAISON BAUM ミルクチョコレートバウムクーヘン(税抜2100円)

チョコレートが主役のバウムクーヘンをコンセプトに、100回以上の試作を重ね完成したミルクチョコレートの商品です。

チョコレートに含まれるカカオマスは生地を硬くする作用があり、チョコレートを練りこんだバウムクーヘンでしっとりとした食感を生み出すのは至難の技です。

今回は専門ブランド同士が協力し、互いの技術を出し合って、カカオの香りを存分に感じられつつもケーキのようなしっとり食感を実現しました。コロンビア産の華やかなカカオの香り、ナッツ感とキャラメル感のあるミルクチョコレートを使用したバウムクーヘンで誰もが楽しめる一品です。

MAISON CACAOオリジナル商品、同ブランドの一部店舗での限定販売です。

共同開発の背景

「究極のチョコレートバウムクーヘンを作りたい」何度かチョコバウムを開発してきた治一郎が、よりしっとり感で上を目指したいとの思いから、MAISON CACAOに声をかけたことが共同開発のきっかけだったとのこと。

チョコレートの量を増やすとカカオマスの効用で生地がパサつき、しっとり感を求めるとチョコレートの香りや味が軽減するという相反する現象に難しさを感じていた治一郎は、チョコレートのプロフェッショナルの力を必要としていました。

MAISON CACAOも同様にチョコレートで焼き菓子を作ることの難しさを知っており、両社の技術と知恵を重ね合わせて、今までにないチョコレートバウムクーヘンを作ろうと、取り組みがスタートしました。

ちょうど大船のルミネが、10パーセントオフなので買って食べてみたいですね。

販売店

・MAISON CACAO 鎌倉小町本店(神奈川県鎌倉市小町2-9-7)

・MAISON CACAO 大船ルミネウィング店(鎌倉市大船1-4-1 大船ルミネウィング3階)

・MAISON CACAO グランスタ東京店(東京都千代田区丸の内1丁目9-1グランスタ東京1F 1-10-D)

・MAISON CACAO NEWoMAN横浜店(神奈川県 横浜市西区南幸1-1-1 NEWoMAN横浜1階)

・MAISON CACAO ルミネ新宿店(東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 LUMINE1 B2)

・CHOCOLATE BANK(神奈川県鎌倉市御成町11-8)

・MAISON CACAO オンラインショップ(https://shop.ca-ca-o.com/