【大船駅前】オリジン弁当が3月10日22時で一時閉店?キッチンオリジンへリニューアル!何がどう違う?

2019年3月13日撮影:改装中のキッチンリジン

大船駅の北口(笠間口)から徒歩1分にあるオリジン弁当が、3月10日22時で一時閉店し、キッチンオリジン大船店としてリニュアルオープンする予定です。

このキッチンオリジンなのですが、オリジン弁当とはコンセプトが違うようなので調べてみました。

キッチンオリジンへのリニューアルオープンのお知らせ

この記事は、キッチンオリジンってどんなお店か、イートイン(注文して食事できるのか)、どんなメニューがあるのか、いつオープンするのかについて関心のある方に向けて記載します。

ワタシは、大船で時間がないときにサクッと食べられるお店を探すのですが、そうすると牛丼屋さんか、ラーメン屋さん、駅ナカの立ち食いそばに行く場合が多いのです。

大船駅北口(笠間口)から徒歩1分のオリジン弁当

できれば、さっと座って、ごはん(お米)を食べられる場所が大船にあったらいいなぁ、といつも思っていたのです。

キッチンオリジンの店舗は、下記のイングラムにあるようにイートインスペースのある店舗が多いようです。もし大船店にもイートインスペースがあれば大変重宝しますね。

(2019/3/14更新)

昨日店舗をみましたが、大船の店舗は、大きくないのでイートインスペースが残念ながらないかもしれませんね。オープンしましたら確認のうえ記載します。

View this post on Instagram

オリジン弁当が店内で食べれたらいいな、、、が実現してる #キッチンオリジン

johnsaito1さん(@poserstuff)がシェアした投稿 –

キッチンオリジンとはどういうお店か

View this post on Instagram

マイブーム😼 #キッチンオリジン

Rinya Nakamuraさん(@rinyaman)がシェアした投稿 –

キッチンオリジンの公式サイトにコンセプトがありましたので記載します。

「キッチンオリジン」は、より女性のお客さまに親しみやすいような店舗デザインへ一新、同時にイートインコーナーを設置するなど、より使い勝手の良いお店として、2014年2月、東京都の池袋に誕生しました。店舗では、ボリュームのあるお弁当、小さめのお弁当、おにぎり、そして野菜をたくさん使ったお惣菜やサラダなどを美味しく召し上がっていただくために店内で調理しています。さらに、店舗によっては挽きたてコーヒーもご用意しています。お弁当を持ち帰って食べる。イートインスペースでサクッと食事。お客さまのライフスタイルに合わせて、ご利用ください。

キッチンオリジン公式サイト

どちらかといえば、持ち帰り弁当や惣菜販売の「オリジン弁当」から、働く女性をターゲットにした「キッチンオリジン」へモデルチェンジを進めているようですね。

店舗によっては、系列の中華の東秀ブランドのノウハウを活かしたラーメン、生姜焼き定食、肉野菜炒め定食などを提供する店舗もあるようです。

キッチンオリジンのメニューと価格は

定番の幕ノ内弁当、うどん、のり弁、げんこつから揚げ弁当、カレー、おにぎり、エビとブロッコリーのサラダ(170円/100g)、トマトサラダ(170円/100g)等々、となっています。

公式サイトでメニューはこちら

税別でレギュラーコーヒー65円、アイスコーヒーLサイズ139円、濃厚プリン121円など、惣菜やお弁当以外の商品もありますので、今後、時間のないときにさっとランチを食べに利用させて頂く機会がありそうです。

店舗情報

店名:キッチンオリジン大船店

場所:神奈川県横浜市笠間2丁目1−1

オープン予定日:2019年3月15日 午前5:00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする