第72回鎌倉花火大会(2020年)は開催見送りへ。オリンピック開催が影響し、やむを得ず

第72回鎌倉花火大会(2020年)は、開催が見送り(開催中止)となりました。

昨年末、鎌倉花火大会実行委員会によって、正式に中止が決定されました。(実行委員会で早めの判断をされたようです)夏の風物詩として、水中花火を見るのを楽しみにしていた方には、残念なお知らせです。

昨年記載した鎌倉花火大会の記事はこちら。

2020年鎌倉花火大会中止の理由

花火大会の事務局である鎌倉市観光協会のプレリリースには、今回の中止理由について下記のように記載されています。

東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い、観覧客の安全を十分に確保できるだけの警察及び警備人員の確保が難しい上、花火台船を停泊する湘南港(藤沢市江の島)がセーリング競技会場となっており、通常通りの運用が大変困難な状況となっております。

また日程変更も検討しましたが、市内観光行事との重複や、地元漁業組合の漁への影響などから、総合的に勘案し、中止の判断をした次第です。

さすがに、オリンピック開催でセーリング競技場として使用するので、いつも通りの花火大会を実施することが困難と判断されたようです。

今年は鎌倉の風物詩が中止となるのは残念ですが、止むをえませんねぇ。

※詳しくは鎌倉観光公式サイトもご覧ください。